年齢や築年数でアプローチ!お客様の属性に合わせてこんな商品を案内しよう【6】

マーケティング
(画像=PIXTA)⑦退職金でローンを完済したい60代のお客様主な提案商品・フリーローン子どもへの資金援助の備えとしてフリーローンを紹介退職金で住宅ローンを完済できれば、その後の家計収支(キャッシュフロー)は大いに楽になる。ただし手元資金は乏しくなり、突発的な資金需要に対応できない可能性がある。お客様には「お子様の結婚や住宅購入の資金を援助する予定はありますか」と声をかけよう。資金援助が必要となれば、退職金でローンを完済した後で手元資金がどれくらい残るか確認しよう。問題は、そのような資金援助がどのタイミングでどの程度必要となるか、そもそも必要か否かが分からないと言われたときである。実際、子どもの結婚や住宅購入の予定など、まったく分からないと話すお客様は多いはずだ。お客様は「退職金でローン完済を考えている」ことから、ローンを完済してしまいたいという希望が読み取れる。必要になるか分からない子どもへの資金援助のためにローンを完済できないというのは、お客様の本意ではないだろう。フリーローンの高い自由度をアピール
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました