注文住宅購入にかけられる費用をシミュレーションしてみよう

マーケティング
(画像=shashamaru/stock.adobe.com)注文住宅を建てる際、予算はどの程度見込めばいいのでしょうか。住宅購入は大きな買い物ですので、将来の生活にも影響がないようにしっかり資金計画をたてる必要があります。そこで本稿では、住宅購入にかける費用を考えるための流れを解説いたします。新築注文住宅の予算平均ってどのくらい?すでに建物が完成して販売している建売住宅の場合、住宅購入費用はその住宅販売価格となり、おのずと決まってきます。しかし、注文住宅の場合、かかる建築費用はデザインや間取りなどの設計や仕様、設備などの条件でいくらでも変わってきます。それでもおおよその目安として、注文住宅の建築費相場を知っておくことも予算を考えるにあたり参考になります。住宅金融支援機構の2019年度フラット35利用者調査によれば、注文住宅を建てた人の建設費(建築費)の全国平均は、すでに建物を建てるための土地がある人の場合で約3,452万円となっています。また、家を建てるために土地を取得したうえで、注文住宅を建てた人の建設費は約2,874万円となっています。すでに土地がある人の場合は、土地取得に費用がかからない分、建物にお金を多くかける傾向にあるようです。注文住宅を建てる費用の内訳注文住宅を建てるためにかかる費用の内訳は、「建物の価格」「付帯工事の価格」「諸費用の価格」「土地の価格」です。かか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました