不動産投資の失敗事例を紹介!陥らないようにするためには?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
資産運用の一つとして不動産投資を検討している人は多いでしょう。しかし、投資である以上必ず成功する保証はなく、失敗事例も少なくありません。失敗事例を学び、それに陥らないように工夫すれば、不動産投資が成功する確率は飛躍的に上がるはずです。今回は不動産投資の概要や、不動産投資の失敗例とその対策について見ていきましょう。不動産投資とは (画像=Freer/stock.adobe.com)不動産投資とは、マンションやアパート、オフィスビル、一戸建などを投資家が直接購入して利益を得る投資方法のことです。不動産投資の利益には、物件の保有中に得られる賃料収入(インカムゲイン)と、物件の売却時に得られる売却益(キャピタルゲイン)があります。もちろん、売却時に必ず利益が出るとは限らず、不動産市況によっては売却損(キャピタルロス)が発生することもあります。「キャピタルロスが発生したが、それまでに得たインカムゲインを合計するとトータルではプラスだった」となることもあるため、両方を合わせたトータルリターンで考えることが大切です。不動産は高額であるため、不動産投資を行う際はローンを活用して購入するの一般的です。不動産投資におけるリスクには、空室リスクや価格変動リスク、修繕リスク、火災リスク、地震リスク、家賃下落リスク、金利上昇リスク(ローンを利用している場合)などがあります。不動産投資の失敗事例ここからは、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました