転職や独立する前に、不動産投資をすべき

マーケティング
本記事は、若月りく氏の著書『会社を辞めずに大富豪になるプレミアムマンション投資』(ぱる出版)の中から一部を抜粋・編集していますなぜ転職、独立する前に不動産投資をすべきなのか? (画像=PIXTA)名刺の力とは、いわば勤務先企業や職種の過去の実績に基づく将来の信用創造に基づく資金調達力です。金融機関が見るところの「良い勤務先」に長く勤めている人は、この先も安定した収入を確保していけるという信用が(勝手に)構築されているわけです。だからこそ金融機関は、急激な変化を嫌います。たとえば、あなたがベンチャー企業や新興の外資系企業に華々しく転職して、年収が一気に1000万円や2000万円にアップしたとしましょう。周りの友人、知人は「スゴイな!」「良かったな!」と一緒に喜んでくれるかもしれません。ところが、不動産投資を始めようとしたあなたの前に現れる銀行担当者は、予見性や安定性、蓋然性といった尺度で判断します。「年収が2000万にアップ? でもそれって、あなたの会社で来年、再来年と続く保証はないですよね?」「社歴も短いですよね?」「勤めてまだ1年でしょ?」といった評価になってしまうのです。人生のキャリア形成のなかで、独立や転職というものはアグレッシブなチャレンジであり、行為そのものや業界のプロフェショナルとしては、評価されてしかるべきものだと思います。けれども、金融機関があなたの属性を見るとき

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました