新築マンション経営で成功する人、失敗する人の差とは?成功のポイントと注意点を解説

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
新築マンション経営は収益の見込める投資先として、多くの投資家に人気を集めています。しかし、不動産投資では多額の資金が必要なため、リスクが不安な人は多いのではないでしょうか。本記事では、成功する人と失敗する人の差はどこにあるのか、新築マンション経営を軌道にのせるにはどうしたらいいのか、そのポイントを解説します。新築マンション経営とは (画像=whyframeshot/stock.adobe.com)そもそも新築マンション経営にはどのような特徴があるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。新築マンション経営における収入源マンション経営で収入を得る方法は、家賃収入によるインカムゲイン(運用益)と、マンションの売買による差額で利益を得るキャピタルゲイン(売買差益)の2種類です。インカムゲイン(運用益):家賃収入キャピタルゲイン(売買差益):マンションの売買による差額で利益を得るただし、現状の日本で不動産価格の大幅な変動は見込みにくいため、おもにインカムゲインを目的とした経営となります。つまり、新しく建設されたマンションを購入し、そのマンションに入居する人の家賃で収益を得ることになります。新築マンションの管理方法続いては、新築ワンルームマンションの管理方法を解説いたします。新築ワンルームマンションの管理方法としては「管理委託」と「自主管理」があります。管理委託とは、マンションの部屋の管理を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました