アライアンスの意味とは?実施する目的やメリット・デメリット、事例から学ぶ成功のポイントまで紹介

マーケティング
(画像=Monet/stock.adobe.com)最近ではアライアンスによって課題を解決する企業が多く見られる。特に成長スピードやリソース不足、コスト面で悩みを抱えている場合はぜひ選択肢として検討したい。本記事でアライアンスの概要やポイントを理解し、自社に適しているか慎重に判断していこう。目次「アライアンス」の意味とは?類義語や関連ワードも合わせてチェックアライアンスの使い方の例アライアンスの類義語や関連ワードM&Aや請負、業務資本提携との違いアライアンスの3つの種類1.技術提携2.生産提携3.販売提携企業がアライアンスを実施する目的とメリット1.新しい製品やサービスを開発しやすくなる2.スムーズなシェア拡大を目指せる3.さまざまな経営コストの削減につながるアライアンスを実施するデメリットと注意点1.成果が保証された契約ではない2.情報漏えいのリスクが高まる3.技術やノウハウが流出することも事例から学ぶアライアンスを成功させるポイント【事例1】業界内の課題解決を目的とした同業種でのアライアンス【事例2】専門家を通して現地の市場調査を徹底パートナー探しと契約は慎重に進めよう「アライアンス」の意味とは?類義語や関連ワードも合わせてチェックビジネスの場における「アライアンス(直訳:同盟、縁組)」とは、複数の企業が利益を生み出すために協力関係を築くことを指す。具体的なものとし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました