ロジック、金沢工業大学との共同研究で開発した「AI介護計画書」をリリース 

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
ロジック、金沢工業大学との共同研究で開発した「AI介護計画書」をリリース  
―利用者一人ひとりに合った介護計画をAIが提案し計画書の作成をサポート―
  
介護事業所向け業務効率支援システムの開発・販売を行っている株式会社ロジック(石川県金沢市、代表取締役CEO:和田森 久志、以下ロジック)は、介護業界の課題をAIで解決することを目指し、2018年より金沢工業大学(石川県野々市市、学長:大澤 敏)との共同研究を進めてきました。このたび研究成果の第一弾として「AI介護計画書」を開発しました。
 
 
今回開発した「AI介護計画書」は、訪問介護計画書作成にあたって援助目標や支援方針をAIが提案するものです。介護計画書は介護事業所のサービス提供責任者が作成するものですが、高齢者一人ひとりの状態に適した内容とする必要があるため時間や労力がかかる業務となっています。「AI介護計画書」の活用により、計画書作成業務の負担を軽減し、直接的なサービス提供へより集中することができます。
 
1.    「AI介護計画書」の特徴
「AI介護計画書」は、計画書作成をサポートする機能です。
これから介護を受ける利用者様やご家族の介護に対する意向やニーズを入力すると、その情報を元にAIが分析した長期目標、短

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました