医師の確定申告は大きく分けて3つ!注意すべき点を属性ごとに解説

マーケティング
(画像=Nishihama/stock.adobe.com)医師も確定申告が必要になるケースがありますが、申告する内容は人によって異なります。今回は、医師を3つのタイプに分け、それぞれの確定申告の内容と注意点について解説します。医師の確定申告は属性によって3パターンに分かれる「確定申告が必要か否か」「どういった確定申告をするべきか」は、以下の3つの属性それぞれで異なります。開業医勤務医フリーランス医師 ここから、それぞれの属性ごとに確定申告の内容をお伝えします。開業医の確定申告開業医は、さらに2つのパターンに分かれます。個人事業主として医院・病院を経営している人と、医療法人を設立して経営している人です。個人事業主の医師の場合個人事業主の医師は、すべての所得を申告する必要があります。通常、医師としての事業収入は「事業所得」で申告します。他の医院からの収入もある場合は、それについても申告が必要です。アルバイトとしての収入は「給与所得」、それ以外は「雑所得」で申告します。個人事業主の医師が受け取る社会診療報酬は、以下の2つの条件を両方満たす場合、「社会保険診療報酬の所得計算の特例」によって社会保険診療分の費用をおおまかに計算できます。【条件】社会保険診療報酬の年間支払額が5,000万円以下医業・歯科医業の年間売上が7,000万円以下この特例が適用された場合の社会保険診療分の費用を計算

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました