企画のタネに困ったら。博報堂のフィロソフィー「生活者発想」とは

マーケティング
本記事は、須藤亮氏の著書『トッププレゼンターが教える「企画書とプレゼン」実践講座』(日本実業出版社)の中から一部を抜粋・編集しています〈企画のタネ:アイデア〉どうすると発想が浮かぶか? (画像=PIXTA)POINT:脳を発想しやすく仕向ける企画の原石であるアイデアをどう発想するかの話をします。アイデアと言っても降って湧いてくるわけではありませんし、頭が真っ白の状態から生まれてくるわけでもありません。ではどう生まれてくるかというと、まず規定課題があって、その回答に関連する情報を脳が集め始めるという中で、アイデアは生まれてくることになります。発想を刺激するワザ3例脳が活発に発想を始めるためには、脳に適切な刺激を与えることです。刺激の与え方は大きく3つあります。(1)オリエン書を何回も読む•依頼を受けたという刺激自体で脳は活動を開始します。人間は人に何か解決ごとを頼まれるとそれに応えようとする存在です。•私の経験から言うと、オリエン時やオリエン書を読んでいる時が、最も発想のスイッチが入る瞬間です。•良いアイデアを出すために、脳は過去の記憶をたぐり寄せることから始めるわけですが、その際に浮かんだ発想は先にも言ったように、小さなことでも是非メモしておきましょう。(2)自分勝手に情報収集する•次に、課題回りで自分に知識や経験値などの事例がなければ、脳は「~についてもっと知りたい」「~を調べ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました