外国債券は利回り10%以上にも!? 買う前に知っておきたいリスク

マーケティング
『図解即戦力 債券のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書』より一部抜粋(本記事は、土屋 剛俊氏監修の書籍『図解即戦力 債券のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書』=技術評論社、2021年8月26日刊=の中から一部を抜粋・編集しています) (画像=christianchan/stock.adobe.com)海外の債券を買うこともできるの? (画像=『図解即戦力 債券のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書』より)外国債券にもさまざまな種類がある海外で発行される債券は外国債券(外債)と呼ばれています。外債も、外国政府、政府機関、民間企業など発行体で種類が分かれることは同じで、国債や社債などさまざまな債券があります。国内債券との最も大きな違いは、購入・利払い・償還が円とは異なる通貨になる場合があることです。それに加えて、外債には発行体が属する国、発行される地域により、おもに図のような種類があります。 (画像=『図解即戦力 債券のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書』より)外国債券は高金利が魅力だが国内債券にないリスクが加わる日本ではマイナス金利政策の影響もあり、社債でも1%前後の低金利が続いています。しかし外債には、5%以上の利回りの政府国債が存在します。なかには、利回り10%を超える国もあります。低金利の日本国内から見ると、非常に魅力的に見えますが、金融の原則どおり、そうい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました