高齢化率が世界ダントツ。「47歳の日本」が考える持続可能な社会とは

マーケティング
本記事は、岸田文雄氏の著書『岸田ビジョン 分断から協調へ』(講談社)の中から一部を抜粋・編集しています。 (画像=PIXTA)「47歳」の日本2020年現在、日本の全国民の平均年齢は47.8歳まで上がっています(国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」による)。ちなみにインドの全人口中間年齢は28.7歳、アメリカは38.5歳、中国は38.4歳です。日本社会全体が「中年期」に差しかかり、いまの生活をこの先10年後、20年後も維持できるのかという「持続可能性」が関心の中心事となっています。47歳という年齢は、社会の中核となり、職場でも私生活でも上の世代と下の世代を繫ぐ立場です。それぞれの世代の人が、他の世代が抱える問題に共感し、痛みを分かち合うこと、心を寄せ合うことで、社会は持続可能となります。自立した個人が緩やか、かつフラットに連携することで、強い全体が生まれるのです。つまり、ここにも「分断から協調へ」、があるのです。そのような社会を実現するために、限られた国家資源をどのように配分していけばいいのでしょうか。たとえば、今後ますます膨らむことが予想されている社会保障費です。今後20年で確実に人口が減少していく国は世界6ヵ国に過ぎず、その中でも高齢化率は日本がダントツで高率です。2040年には介護費用は2.4倍(2018年比=以下同)になり、医療費は1.7倍、年金支給額は1.

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました