魅力的な5つの銘柄の「条件」とは? 即買い、即売り可能な流動性の高い株式を狙う

マーケティング
本記事は、ザ・株鬼氏の著書『資産を100倍にする「株鬼流」仕掛けの超基本』(かんき出版)の中から一部を抜粋・編集しています「株鬼流」でターゲットとする銘柄の条件 (画像=ilixe48/PIXTA)株鬼流において仕掛けのターゲットとなるのは、流動性が高い(活発に売買が行われている)銘柄だと先にも述べましたが、具体的に以下の5つの条件を目安に選別しています。発行済み株式数が1億株以上売買代金が5日間の平均で10億円以上経常利益もしくは営業利益が100億円以上売上高が1000億円以上(ただし、小売業・卸売業・商社等を除く)時価総額が2000億円以上ただし、これら5つをすべて満たす必要はなく、いずれか1つでも該当すれば株鬼流のターゲットとなります。流動性に乏しいと、買いたい場面で買えず、売りたい場面で売れないということにもなりかねません。小型株はこれらのいずれかを満たすことが現実的に難しく、株鬼流では基本的に外します。流動性が高くつねに売りものが豊富な銘柄の中でも突出しているものに関して、以前は次のようにランク付けしていました。・Aクラス=発行済み株式数10億株以上20億株未満・スーパーAクラス=発行済み株式数20億株以上「以前は」と書いたとおり、現在はこのような考え方ではありません。というのも、2018年までに行われた「株式併合」により、それまでのように単純に計算できなくなったためで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました