Huobi Japanにシンボル(XYM)が上場 手数料還元キャンペーンも実施

マーケティング
国内暗号資産(仮想通貨)取引所Houbi Japanは、13日15時から取引所サービスでシンボル(XYM)の取扱いを始めた。Houbi Japanの暗号資産新規取扱いは、2021年9月のトロン(TRX)とクアンタム(QTUM)の上場以来となる。 (画像=Shutterstock)シンボルはネム(XEM)の大型アップデート後に誕生した新プラットフォーム。企業とブロックチェーンを結びつけ、新しい価値を生み出すことを支援するブロックチェーンプラットフォームだ。シンボルのプラットフォーム上で利用することができるのが暗号資産XYM。XEMの次世代暗号資産として注目を集めている。XEMに比べ、セキュリティ性能が大幅にアップデートされたことで、暗号資産としての信頼価値も高まっている。シンボルは今後、DeFi分野での基軸通貨として利用される期待が高い。それによってステーキングやレンディングの市場規模が大きくなるにつれてそのトークンであるXYMの利用価値が高まるという構図になっている。NFTの面でもシンボルの高いセキュリティや拡張性は期待されている。シンボルを使った「NENBER ART」というNFT取引プラットフォームもすでに公開されている。また、シンボルはDeFi(分散型金融)分野やNFT(非代替性トークン)分野だけでなく、データ管理にも利用が期待されている。2022年にカタールで開催されるサ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました