建築条件付き土地を買う前に要チェック!契約しても本当に大丈夫?

マーケティング
(画像=ronstik/stock.adobe.com)戸建て住宅を建てるために土地を探している人のなかには、物件情報で「建築条件付き土地」と出会うこともあるかと思います。この建築条件付き土地は、その意味と注意点を把握していないと契約後にトラブルに発展するケースもあります。本稿では、不動産の専門知識のない人にもわかりやすくポイントを解説します。目次建築条件付き土地と条件なし土地の違いは?建築条件付き土地のルール建築条件付き土地のメリット・デメリットメリット1.土地の価格が割安なこともあるメリット2.スピーディーに家を建築しやすいメリット3.土地と建築業者を同時に見つけられるデメリット1.建築費が比較検討できないデメリット2.契約が白紙になる可能性があるデメリット3.注文住宅と比べて制約が多い建築条件付き土地の施工方法は大きく2種類ある制約の多いモデルプランは安さにこだわりたい人向け自由設計はライフスタイルにこだわりたい人向け悪徳業者に要注意!建築条件付き土地に関するトラブル例住宅のプランは契約をしてから決めればいいといわれたが……建築請負契約には宅建業法が適応されない契約の解除には手付金を放棄し違約金が必要まとめ建築条件付き土地と条件なし土地の違いは? (画像=bilanol/stock.adobe.com)「建築条件付き土地」とは、家を建てる業者があらかじめ決まっている土地

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました