新宿でAR技術を活用したものづくり展「TSUKUMO-KAMI」が開催中

VR
1月20日(木)まで、小田急百貨店新宿店本館で、AR技術を用いて日本の伝統工芸文化を楽しめるものづくり展「TSUKUMO-KAMI: soul of folk toys」が開催中です。オンラインでも参加可能です。
会場には、だるまや人形など九州各県の郷土玩具を7点を展示。ARグラスを使用すると、それぞれの玩具に宿る神さま「九十九神」が浮かび上がります。AR技術ならではの五感を通じた験を楽しめるそうです。
あわせて、各玩具の誕生ストーリーをはじめとした説明も表示され、ナレーションで解説。体験を通じて気に入った郷土玩具は、小田急百貨店ECサイトから購入可能です。事前予約等は不要で、無料で伝統工芸の楽しみ方を体感できます。
今回のARコンテンツの企画・制作とデザイン監修はVRアニメーション監督の伊東ケイスケ氏が担当しています。



心臓の"音"が作品に影響するVRアニメ「BEAT」とは?先行体験レビュー | Mogura VR

MoguraVR

詳細は下記を確認ください。
イベント紹介サイト:https://tsukumo-kami.styly.biz/ 
「TSUKUMO-KAMI: soul of folk toys」
開催日時:1月12日(水)から1月20日(木)まで平日12時~20時、土曜・日曜10~20時※ 新型コロナウイルス感染症

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました