オミクロンで重い肺炎が起きづらい理由 海外で急増する子どもの感染対策とは

2017-08-24_00h03_35 IT総合
※写真はイメージです(GettyImages)


 従来株より感染力が高いが、重症化しにくいと言われるオミクロン株。細胞実験で肺ではなく、鼻やのどのある「上気道」で増殖する特徴が明らかになった。ただし、感染者の絶対数が増えれば重症患者の人数も増えるので油断できない。AERA 2022年1月24日号から。
【データ】米国では若年層も急激に増えている
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました