ソフトバンクが「ZEPETO」にバーチャル携帯キャリアショップを開店、メタバース投資進む

VR
2022年6月23日、韓国のスマートフォン向けアプリ「ZEPETO」にて、バーチャル携帯キャリアショップ「ソフトバンクショップ in ZEPETO」がオープンしました。アバターのクルーが接客するバーチャル店舗を展開します。
「ZEPETO」は韓国NAVERの子会社Naver Zが運営するアプリ。好きなアバターの姿でバーチャル空間に参加し、世界中の人たちとコミュニケーションを楽しめます。元はアバターの着せ替えが楽しめるアプリでしたが、アップデートによってバーチャル空間に遊びに行けるようになり、直近では「Z世代向けメタバース」として高い人気を得ています。
その「ZEPETO」においても、バーチャル空間での活動が現実世界へと還元される仕組みを用いたワールドは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」が初の試みとのこと。今回オープンする「ソフトバンクショップ in ZEPETO」では、以下のような取組が実施されます。
「ソフトバンクショップ in ZEPETO」ワールド
ソフトバンク実店舗の要素を組み込みつつ、「白戸家のお父さん」や「ふてにゃん」と写真撮影ができるフォトスポットや、アイテム購入ができるマネキンが設置された店舗ワールドがオープンします。
10:00〜21:00にかけてショップクルーがアバターを用いた接客を行い、営業時間外でもチャット対応を実施することで、24時間365

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました