ビル・ゲイツ氏も投資する「小型モジュール式原子炉」 原子力のイノベーションとなるか?

マーケティング
温室効果ガスの排出量を削減する「脱炭素化」に向け、エネルギー分野でさまざまな技術開発が加速しています。「小型モジュール式原子炉」はその選択肢のひとつです。世界的なクリーンエネルギーへの移行を促進し、産業革命以降の平均気温上昇を2℃未満に抑制するというパリ協定の気候目標を達成する上で、重要な役割を果たすと期待されています。注目されている背景 (画像=Surasak/stock.adobe.com)1954年、核を燃料とする原子力発電所が世界で初めてロシア(旧ソ連連邦)で設立されて以来、原子力発電は世界で2番目に供給量の多い低炭素エネルギー源(2019年時点)へと発展しました。国際法律事務所ホワイト&ケースが原子力発電の未来についてまとめた報告書によると、2021年6月の時点でおよそ30ヵ国において約400基の原子炉が稼働しており、世界の電気供給量の約10%を担っています。原子力発電は化石(天然ガス・石炭・石油)を燃料とする火力発電と比べて、大気汚染物質や温室効果ガスの排出量が少なく、運用コストが低いというメリットがあります。核の原料となるウランは地上に豊富に分布する天然資源で、少量で大量の電力を生産できるため、燃料を安定的に供給することができます。風力や太陽などの他の再生可能エネルギーのように、天候の影響を受けることもありません。デメリットは、建設コストやリスクが高く、使用済みの廃

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました