じつはとっても手数料が高い? NFTが大きく広がるための6つの課題

マーケティング
本記事は、伊藤佑介氏の著書『インターネット以来のパラダイムシフト NFT1.0→2.0』(総合法令出版)の中から一部を抜粋・編集していますこれからのNFT活用における問題点と課題 (画像=iQoncept/stock.adobe.com)手数料の高さプレイヤーであるマイナーが、ビットコイン賞金ゲットゲームに参加するために、ブロックチェーンシステムを動かしています。そしてこのゲームでは、新規発行された6.25ビットコイン(2022年2月時点の価格水準換算で約3,125万円相当)の賞金が勝者に渡されます。実はその際、勝者がもらえるもうひとつ別の賞金があります。それは、箱の中に入っている4,000個の取引データのそれぞれひとつずつからもらえる送付手数料です。ビットコインを他の人に送金する人は、ゲームの勝者へ賞金として支払う送付手数料を、自分で自由に金額を設定して送金することになっています。なお、この送付手数料は、ガス代と呼ばれることもあります。当然、ゲームに勝利してそれをもらえるかもしれないマイナーたちは、なるべく送付手数料が高く設定されている取引データを箱に入れます。つまり、高い送付手数料を設定した取引データほど、上限が4,000個の箱に入れてもらいやすくなり、結果的に早く送金してもらえることになります。なぜ、新規発行の6.25ビットコインという賞金があるのに、わざわざ送付手数料

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました