ISM製造業景気指数の発表や米下院議長の訪台を受け暗号資産価格下落

マーケティング
この記事は2022年8月2日に「月刊暗号資産」で公開された「ISM製造業景気指数の発表や米下院議長の訪台を受け暗号資産価格下落」を一部編集し、転載したものです。 (画像=takashi tamiya/stock.adobe.com)米供給管理組合(ISM)が1日に発表した7月の製造業景気指数は52.8と、6月の53.0から低下し、2020年6月以来の低水準となった。様々な要因が重なったこともあり、ドル円相場では130円台に突入する場面も見られた。ISM製造業調査委員会のティモシー・フィオレ(Timothy Fiore)会長は発表文で「委員の間では、経済の軟化を巡り懸念の声が出ている。サプライチェーンの過剰在庫に対する不安が強まる中で、新規受注の指数が2ヵ月連続での活動縮小を示したためだ」と述べた。さらに、ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)米下院議長が、2日に台湾を訪問することが明らかになり、地政学リスクを回避するための売り圧力が高まっている。米国の現職下院議長が台湾を訪れるという行為は、台湾を自国の領土とする中国の大きな反発を招く。ペロシ氏の台湾訪問が実現すれば、現職の下院議長として1997年のニュートン・ギングリッチ(Newton Gingrich)氏(共和党)以来25年ぶりとなる。米紙の報道によると、同氏はサイ・エイブン(蔡英文)総統と3日に対談する見込みだという。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました