景気予測調査から見た四半期決算見通し ~コロナからの正常化や水際対策緩和期待業種で大幅上方修正の可能性~

マーケティング
この記事は2022年9月13日に「第一生命経済研究所」で公開された「景気予測調査から見た四半期決算見通し」を一部編集し、転載したものです。 (画像=metamorworks/stock.adobe.com)目次売上高・経常利益とも計画上方修正増収率大幅上方修正の「電気・ガス・水道」「生活関連サービス」「リース」「生活関連サービス」「農林水産」「運輸」等が増益率大幅上方修正売上高・経常利益とも計画上方修正2022年9月13日に公表された2022年7~9月期法人企業景気予測調査は、2022年8月下旬にかけて資本金1千万円以上の法人企業に対して行った景気予測調査であり、今期の業種別企業業績計画を予想するための先行指標として注目される。そこで本稿では、2022年10月下旬からの四半期決算発表で、コロナ禍やウクライナ危機の中でも今年度の企業業績計画の上方修正が見込まれる業種を予想してみたい。下図は、法人企業景気予測調査の調査対象企業の各調査時期における売上高と経常利益計画の今年度見通しの推移を見たものである。まず売上高を見ると、製造業・非製造業とも増収率が上方修正となっている。このことから、四半期決算でも今期の売上高計画が上方修正される業種には注目が集まるものと推察される。一方の経常利益は、製造業・非製造業とも上方修正となっているが、輸入原材料の高騰などにより、製造業は減益計画の姿に変化は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました