AI投資とは? 向いていない人の4つの特徴

マーケティング
本記事は、杉原杏璃氏の著書『お金に働いてもらう! ほったらかし投資』(ポプラ社)の中から一部を抜粋・編集していますAI 投資とは〈膨大なデータを蓄積して、コンピュータが分析し、資産を運用していく〉 (画像=phonlamaiphoto/stock.adobe.com)ここでは投資のニューフェイスのAI投資(ロボアドバイザー投資)について説明していきましょう。銀行や証券会社が展開している商品で、ファンドラップというものがあります。それのAI特化型がAI投資と言えるでしょう。この本のメインテーマであるほったらかし投資には、ひょっとしたら最適かもしれません。この投資は始まったばかりなので、私も一緒に勉強という感じです。AIを活用した投資というのは、一般的な投資信託とは何が違うのでしょうか。まずはAI投資の仕組みについて詳しく勉強していきましょう。投資信託は、集めた資産の運用を投資信託会社などの「ファンドマネージャー」という投資のプロがおこなうものです。しかしこのAI投資はファンドマネージャーではなく、AIからのアドバイスにより資産を運用していくという仕組みです。ご存知の通り、AIとはアーティフィシャル・インテリジェンスの略で、人工知能と訳されています。膨大なデータを蓄積して、コンピュータが分析し、予測を立てていきます。その作業をしながらも新たなデータを蓄積していくので、予測の精度もます

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました