米との金利差拡大で円安加速……日本が利上げできない理由

マーケティング
本記事は、森永康平氏の著書『大値上がり時代のスゴイお金戦略』(扶桑社)の中から一部を抜粋・編集していますそもそも円安って何? (画像=tamayura39/stock.adobe.com)最近よく耳にする円安について、現状把握はできました。つぎに円安の原因や背景について考えていこうと思うのですが、ひとつ大事なところを確認しておくのを忘れました。そもそも、「円安」とは何か、しっかりと理解できていますでしょうか。1ドル=100円が1ドル=120円になったら円安なのか、円高なのか。たまに逆に考える方を見かけます。筆者自身も子どもの頃は勘違いしたことがあります。1ドル=100円が120円になれば、円を表す数字が100から120に増えてるから円が強くなったように見えて、円高と考えがちですが、見た目で判断するのではなくて理屈で考えればこれは円安になったと分かります。1ドル=100円であれば、米国で1ドルで売られているものは100円玉1枚あれば買うことができます。しかし、1ドル=120円であれば、米国で1ドルで売られているものを100円玉1枚だけでは買えず、さらに10円玉を2枚追加で差し出さないといけません。こう考えれば、1ドル=100円が1ドル=120円になるということは、ドルに対する円の価値が下がったと分かりますから、円安になったということが理解できます。ちなみに、外国為替市場ではさまざま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました