米国の「サタデー・ナイト・スペシャル」再来に要注意

マーケティング
急速な利上げを受けて米国景気が後退局面に入ると指摘する声が広がっています。しかし、インフレ抑制を最優先課題に掲げる米連邦準備理事会(FRB)が利上げの手綱を緩める気配はありません。米国の株式相場は底値からは回復傾向にあるものの、先行きに対する不透明感があるのは否めないのが実情です。一方、日本にも原材料の値上がりに急激なドル高・円安が加わり、物価高がじわじわと国民の生活を脅かしています。日銀は2013年から続けている金融緩和政策を堅持しており、日米金利差の拡大も継続しています。これによって、今後もドル高・円安傾向が続く可能性が高いという見方が支配的です。こうした中、モルガン銀行勤務時代に「伝説のディーラー」と名をはせた経済評論家・藤巻健史氏に現状をどう見ているか聞きました。藤巻氏によれば、日本の株・債券・通貨すべてが売られる「日本売り」の“Xデイ”が近づいているといいます。一体どういうことなのでしょうか。上下の2回に分けて紹介します。1回目は、FRBの金融政策や米国経済の現状分析について明らかにしてもらいました。 藤巻健史(ふじまき・たけし)氏 1950年東京都生まれ。一橋大学商学部を卒業後、三井信託銀行(現三井住友信託銀行)に入行。1980年、米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得する。帰国後、三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、1985年に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました