日銀は金融政策を据え置き、今年度の物価見通しを大幅上方修正

マーケティング
この記事は、2022年10月31日に三菱UFJ国際投信で公開された投資環境ウィークリーを一部編集し、転載したものです。全体をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。加えて、デイリーレポートについては、mattoco lifeをご覧ください。 (画像=PIXTA)目次有効求人倍率は9カ月連続で上昇金融政策据え置き、物価見通しを上方修正日本株は週間で3週ぶりに上昇有効求人倍率は9カ月連続で上昇2022年9月の完全失業率は2.6%となり2022年8月の2.5%から小幅ながら上昇するも、2020年10月をピークに低下傾向をたどっています(図1)。 (画像=三菱UFJ国際投信)中身をみると就業者数は小幅増加、労働参加率は上昇しており、失業者数の増加が失業率上昇の要因です。ただし労働需要が減退している訳ではなく、失業者数の内訳をみると転職など自発的な離職者数が増加しており感染収束による雇用情勢の改善を示唆しています。また、2022年9月の有効求人倍率は1.34倍(2022年8月1.32倍)と9カ月連続で上昇。有効求職者数は減少するも、労働需要を示す有効求人数は7カ月連続で増加しています。宿泊・飲食サービス業関連の有効求人倍率は3倍を超えており、水際対策緩和を受け観光需要が増加する中でさらなる雇用不足も想定されます。今後も経済活動の再開が進む中、雇用は緩やかな回復が維持される見通しです。金

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました