日本のロイヤル不動産はどれくらいある?皇室の財産一覧を検証する

マーケティング
英国エリザベス女王の逝去は2022年を代表する世界的トピックになりました。その際に話題になったのが、ロイヤル不動産(王室が所有する不動産)です。これに対し、日本の皇室はどれくらい不動産を所有しているのでしょうか。本記事では、皇室の財産一覧から検証します。エリザベス女王逝去で話題になった王室の不動産資産 (画像=Yusei/stock.adobe.com)2022(令和4)年9月8日、英国のエリザベス女王が逝去し、世界中に悲しみの声が広がりました。英国有力紙のデイリーミラーによれば国葬にかかった費用は800万ポンド(当時のレートで約13億円)といわれています。一方で2022年9月27日に行われた安倍晋三元首相の国葬にかかった費用は前日の段階で約16億6,000万円と報道されています。規模や荘厳な雰囲気からエリザベス女王の葬儀のほうがお金がかかっているイメージですが、なぜ英国のほうが少ない費用で実施できたのでしょうか。理由の1つとして挙げられるのが、葬儀会場や葬列のルートに関わる場所の多くが国や王室の所有物であったことです。そこで話題になったのが、英国王室が所有する膨大な不動産資産です。王室の不動産は英国王に帰属する土地や権利を管轄するクラウン・エステートが管理を行っています。「BAZAAR」の報道によると、クラウン・エステートは143億ポンド(報道当時のレートで約2兆226億円)の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました