井田幸昌(Yukimasa Ida)|経歴や代表作品からその魅力

マーケティング
2022年10月末、ハロウィンで賑わう渋谷スクランブル交差点を、「絵なんてわかってたまるか」と書かれた大きなビジュアルがジャックしました。画家・現代美術家 井田幸昌が2023年に開催予定の展覧会の広告です。この記事では、世界のコレクターから注目を集める井田幸昌のこれまでの経歴や代表的な作品の数々についてご紹介します。目次井田幸昌の経歴井田幸昌の魅力に迫る井田幸昌の代表的な作品井田幸昌の作品はどこで見られる?まとめ井田幸昌の経歴 井田幸昌は1990年2月18日鳥取県生まれ。2019年に東京藝術大学大学院を修了したばかりの30代の若手作家でありながら、すでに国内外で数々の個展やグループ展に参加してきました。ここではそのキャリアを振り返ります。彫刻家である父の影響を受け芸術家の道へ 彫刻家の井田勝己を父にもつ井田幸昌は、幼い頃から芸術が身近な存在でした。国内外を飛び回って制作を続ける父親から絵を描くことをすすめられ、その奥深さから作家を目指すようになった、とインタビューなどで語っています。また、父親の親友であったオランダの彫刻家 故・ロバート・シンドルフからも大きな影響を受けており、メンターとして慕っていました。高校卒業後は石材業界へ就職するものの、美術家を諦めきれず、東京藝術大学を4度受験。2016年に油画専攻を卒業後、同大学院へ進学し、2019年に修了しました。在学中から多くの個

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました