荒木経惟(Nobuyoshi Araki)|異色の経歴や代表作品について解説

マーケティング
フォトグラファーとして「日本を代表する」といっても過言ではないほどの活躍をしているアラーキーこと荒木経惟(あらき のぶよし)。彼の作品は過激なものもありますが、昭和から平成・令和と長く、私たちの感受性を揺さぶってきました。今の記事では荒木経惟の経歴や作品を通して、彼の作品の魅力を紹介します。画像引用:arakinobuyoshi.com ( http://www.arakinobuyoshi.com/main.html )目次荒木経惟の経歴と人生荒木経惟が撮る作品の魅力荒木経惟の写真家として以外の活動荒木経惟の代表的な作品3選荒木経惟の作品はどこで見られる?まとめ荒木経惟の経歴と人生 はじめに荒木経惟の経歴や人生について紹介します。サラリーマンからの転身 荒木経惟は1940年5月25日、東京都台東区で誕生しました。父の荒木長太郎はアマチュアカメラマンとして活躍しており、近所でも有名な存在だったのだそうです。これが荒木経惟がカメラの道を志すきっかけになります。高校生のころからアマチュアカメラマンとして活動をはじめ、カメラ雑誌やオートバイ雑誌に投稿をはじめます。当時から撮影のスキルは相当なものだったようで、大学の学費はすべて写真投稿の賞金でまかなったのだそうです。千葉大学工学部に進学した後も、カメラマンの活動を続け「日本カメラ」などの雑誌で入選するなど頭角を表し始めます。日本カメラ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました