会田誠(Makoto Aida)|経歴や作品性について

マーケティング
現代美術家の会田誠は、時に社会に鋭く切り込み、先鋭的な作風や発言から波紋を呼ぶことも多い作家です。しかし、これまでの作家人生と作品を丁寧に知っていくことで、作品を通して見る"日本"や"世界"が少し変わった印象になるかもしれません。この記事では、会田誠のこれまでの経歴や代表的な作品の数々についてご紹介します。画像引用:ミヅマアートギャラリー( https://mizuma-art.co.jp/artists/aida-makoto/ )目次会田誠の経歴と人生会田誠の作品性会田誠の代表作品会田誠が過去に開催した個展会田誠の作品価値まとめ会田誠の経歴と人生 2012年に森美術館で、2014年にはフランス・ナントのブルターニュ公爵城や、鹿児島県の霧島アートの森で個展を開催したほか、横浜トリエンナーレなどの国際展でも作品を発表している会田誠。まずはそのキャリアを振り返ります。誕生~青年期会田誠は、1965年10月4日新潟県生まれ。幼い頃はいわゆるADHD(注意欠陥・多動性障害)気質のところがあり、落ち着きがなく、じっとしていられないような子どもだったそう。高校時代は、新潟県内の進学校へ進むも、文化的不良みたいな学生だった、とのちに語っています。文化に関わって作り手になりたい、と考えていたものの、美術家を目指してはいませんでした。東京藝術大学・大学院へ進学会田誠は一浪の後、東京藝術大学美術学

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました