【米国株動向】ヤム・ブランズの「ピザハット」、ビールとピザ配達で販売加速

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
モトリーフール米国本社、2019年10月6日投稿記事よりビールとピザの組み合わせは最高でしょう。ファストフードチェーンを展開するヤム・ブランズ(NYSE:YUM)の「ピザハット」チェーンで、ビールとピザの配達が成功を収めています。こういった配達への取り組みが、ピザハットの販売および事業再構築を加速させる可能性があります。2017年にアリゾナで小規模なビールおよびピザの配達が試験的に行われ、今年初めに7つの州、300店舗にまで拡大しました。2020年1月までに1000店舗に拡大する予定で、2月のスーパーボウル(米国最大のスポーツイベント)に向けて完璧なタイミングになっています。 (画像=Getty Images)レストラン内での飲食減少米国ではレストラン内で食べる人が減っています。全米レストラン協会によると、レストランでの飲食対応の60%はドライブスルー、テイクアウト、配達など、持ち帰りの形式で行われます。同協会では「消費者のライフスタイルの変化と利便性の追求により、様々な形式でレストラン外での飲食を増加させている」とコメントしています。ピザハットはこの変化に対応します。持ち帰りや配達形式で運営されているライバルピザチェーンのドミノ(NYSE:DPZ)と同様、店舗を持ち帰りおよび配達形式に転換します。当面、2年間で500店舗、約8%を配送形式に改装する予定です。今後、新店舗を作る際

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました