VR仮想世界ambrがVRoid Hubと連携!Oculus RiftとHTC Viveにも対応

VR
株式会社ambrは2020年2月12日(水)、開発・運営する日本初VR SNS仮想世界「ambr」について、Pixiv社が運営する3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」との連携と、Oculus Rift及びHTC Viveへの対応を発表しました。





仮想世界「ambr」とは
「ambr」は、VRデバイスを通してアクセスし、コミュニケーションを楽しむことができる新しい仮想世界です。
ユーザーはアバターとなってアクセスし、現実世界には存在しないさまざまな仮想空間を探索して楽しんだり、他のユーザーと一緒にゲームやイベントで遊ぶことができます。
2019年4月9日より、VRデバイスOculus Go向けにクローズドアクセスが開始されており、2020年春には、オープンアクセスが開始される予定です。
関連記事:日本発のVR SNS「ambr」とは?アンバーの利用法や対応機器など詳細情報まとめ!
VRoid Hubと連携
仮想世界「ambr」は、Pixiv社が開発運営する3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」と連携されることが明らかになりました。
VRoid Hub上にアップロードされた3Dキャラクターモデルを、仮想世界ambrで自分のアバターとして利用できるようになります。
(利用できる3Dキャラクターモデルには制限があります。)
2020

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました