できるだけ贈与税を支払わずに、不動産を生前贈与する方法は?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
不動産を子どもなどに贈与したい場合に、問題となるのが贈与税です。資産額によっても異なりますが、税率だけを見比べると相続税率のほうが贈与税率より低いケースが多いため、「不動産を受け渡すなら贈与よりも相続で」と考えるのが一般的です。しかし、贈与税の負担を軽減しつつ不動産を贈与する方法はいくつかあります。不動産に関わる相続税と贈与税の違い (画像=Andrii Yalanskyi/Shutterstock.com)不動産の贈与にかかる贈与税は高い相続税と比べて贈与税が高い理由は、基礎控除額の差です。相続税の基礎控除額は、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」。基礎控除額が大きいため、ある程度の評価額の財産を相続したとしても、相続税がかからないことがあります。これに対して贈与税は、基礎控除額が年間110万円で、税率は最高55%。このため、高額な資産である不動産を贈与しようとすると、どうしても贈与税の負担が大きくなります。例えば、評価額2,000万円のワンルームマンションを贈与しようとすると、一般贈与(子供や孫以外への贈与)の場合で約695万円もの贈与税が発生します。これは、贈与された人にとっても大きな負担です。さらに贈与で不動産を取得した場合は、不動産取得税も発生します。安く売却しても贈与税はかかる「タダであげると贈与税がかかるなら、安く売却すればいいのでは?」と考える人もいるか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました