開発とは?目標制定の経緯や内容、日本企業の取り組み

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
(画像=PIXTA)持続可能な開発とは、将来の世代の欲求を満たしつつ,現在の世代の欲求も満足させるような開発のことだ。2015年に国連でのサミットにおいて、2030年までに達成すべき17の目標が採択された。投資家も、環境や社会に向けて積極的な取り組みを行う企業に投資する傾向が強まっている。この記事では、中小企業にも大きく関係する、持続可能な開発の概要を紹介する。持続可能な開発とは簡単に言えば何か? (出典:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所)「持続可能な開発」とは、外務省のホームページによれば「将来の世代の欲求を満たしつつ,現在の世代の欲求も満足させるような開発」のことだ。出典:外務書『持続可能な開発』これまで環境と開発は、相反するものと考えられてきた。しかし、持続可能な開発では、環境と開発を共存できるものとして捉え、環境保全に配慮しながら節度をもって開発を行うことが重要であるとしている。2015年に国連で開かれたサミットで、上記の17の目標が2030年までに達成されるものとして定められた。これらの目標は、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals = SDGs = エスディージーズ)」と呼ばれている。また、これらの目標に合わせて169の具体的なターゲットと、232の指標も定められた。経済界でも、持続可能な開発に関する動きがある。20

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました