急速に進行している日本の少子化において考えるべき投資戦略とは

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
ご存知のように日本の少子化は深刻さを増してきていますが、最近の日本政府が発表したデータによれば、そのスピードは想像以上に高まっています。日本のマーケットが縮小するということなので、これは投資家にも関わってくる問題です。少子化問題に関する情報を適切に把握しておけば、効果的な投資戦略を取ることが可能になります。そこで、今回は日本の少子化の現状や対策およびそのような状況下での投資家としての戦略の取り方について解説します。 (画像=Getty Images)日本の少子化のスピードは想定以上2019年12月24日のニュースによれば、日本の出生数が87万人を下回ることが日本政府から発表されました。日本政府は、1899年から出生数の統計データを取り始めていますが、今回で初めて出生数が90万人を下回ることになりました。90万人を下回るのは2021年と予測されていたため、少子化のスピードは想定した以上に速いことがわかりました。つまり、日本政府の少子化対策は、今のところうまくいっていないということです。戦略や方針を大きく変える必要があると考えられますが、今のところ日本政府にはそのような様子が見られないため、日本社会ではこのまま急速に少子化と高齢化が進むとみて間違いないでしょう。なぜ少子化が問題なのかそもそもなぜ少子化が問題なのでしょうか?あまり論ずる必要性はないかもしれませんが、問題整理のためにあえ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました