アパレルEC市場拡大に一役 物流倉庫内でEC用“魅せる”撮影を提供し、配送まで一貫サポート 商品寸法や掲載原稿までサポートし、苦しむアパレル企業の負担を軽減

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
アパレル、靴、バッグ、ジュエリーなどファッション物流に特化した業務を行っている株式会社オーティーエス(本社:東京都江戸川区 代表取締役社長:田中優一郎、以下当社)は、2020年6月1日(月)からアパレル企業のECサポートの一部で撮影事業を開始いたします。■倉庫に商品を置きながら、EC用撮影から出荷まで一貫。輸送コストも削減可能に当社は30年以上ファッション物流専門会社として、アパレル業界のEC市場が急速に拡大する様子を見てきました。時代の波に合ったサービスを提供するために、当社でもEC物流サポートサービスを行っていますが、この度EC用商品の撮影事業をスタートしました。多くのアパレル会社では、EC用の商品撮影を行う際、物流倉庫から撮影会社に商品を出荷し、撮影後に倉庫に戻すという流れが一般的です。撮影会社に輸送を行うことにより、商品の往復での輸送費がかかってしまいます。しかし、「せっかく物が倉庫にあるのだからそのまま倉庫内で撮影できれば、販売までのリードタイムが短縮でき、無駄なコストも削減できる」という考えから、撮影部門の事業化を進めてきました。この度の新型コロナウイルスの影響を受け、撮影事業に関してのお問い合わせや依頼数が30%増加しました。これまで店舗のみで営業していたり、ECに力を入れていなかったアパレル会社がECに移行したり強化するケースも増えているようです。■フリーカメラマン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました