ドコモ・システムズ 通信型ドライブレコーダーに、AI技術を搭載した新機種が登場

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2020年7月1日

ドコモ・システムズ株式会社

通信型ドライブレコーダーに、AI技術を搭載した新機種が登場
~AIによる映像解析技術で事故ゼロへ~

 ドコモ・システムズ株式会社(以下、ドコモ・システムズ)は、法人向けに提供するクラウド型安全運転支援サービス『docoですcar Safety』において、新機種の通信型ドライブレコーダーを、2020年7月1日より販売開始いたします。

■新機種の概要
ドコモ・システムズでは、これまで『docoですcar Safety』による危険運転時の映像や運転診断レポートなどをご提供し、お客さまの安全運転技術の向上を支援してまいりました。近年、運転中のスマートフォン利用による「ながら運転」の増加や、「あおり運転」での事件/事故が社会問題化しており、これらの危険運転を取り締まる為、改正道路交通法にて罰則が強化されました。弊社のお客さまからも「ながら運転」「あおり運転」また「居眠り運転」のような危険運転の抑止に対するご要望を多く頂いておりました。
そこでドコモ・システムズでは、このような危険運転の抑止と事故削減に向けて、AIによる映像解析技術を搭載した「docoですcar」対応通信型ドライブレコーダーを新たに開発し、販売を開始いたしました。
本製品は、カメラ映像やセンサー情報から「ながら運転」「あおり運転」などの潜在的な危険運転を自動検知し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました