芸能コースで夢と高校生活を両立しよう! ~俳優・声優・芸術分野で活躍する高校生を応援~

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
学校法人青叡舎学院 勇志国際高等学校(校長 野田将晴)は、インターネット環境があればいつでもどこでも学習でき、少ない登校日数で高校卒業を目指すことができる通信制高校です。この通信制高校ならではのシステムを活用し、勇志国際高等学校には、スポーツにおいて世界レベルで活躍する高校生を応援する「トップアスリートコース」があり、SUPやスノーボード、テニス、バレエなど、海外で活躍する選手も多く在籍しています。今回それに加えて、芸能界や芸術の分野で活躍する人や目指している人に向けて、新たに令和2年7月1日より「芸能コース」を設立することを発表しました。◎夢や目標を中心に生活できる勇志国際高等学校は、学習や職員とのコミュニケーションをすべてオンラインで行える通信制高校です。高校卒業のためには、毎月のレポート提出とスクーリングへの参加が必須です。毎月のレポートは15枚程度。学力に不安のある人でも、レポートの映像解説授業があるので、いつでもどこでも、繰り返し視聴しながら取り組み、提出できます。作成、提出、採点の確認をすべてネット上でできるのも、勇志国際高等学校の特長です。1枚のレポートは基本的に1時間で作成できるので、月に約15時間の学習時間で、進級・卒業のためのレポートを作成、提出することができます。もうひとつ必須であるスクーリングは年1回、4泊5日で完了するので、1年間のほとんどの時間を夢や目標

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました