伴走支援型特別保証の実行後はこのようにモニタリングを進めよう【前編】

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
(画像=PIXTA)伴走支援型特別保証を利用する取引先に対してどんなモニタリングが必要か見たうえで、後段ではモニタリングの進め方をマンガで紹介する。①ローカルベンチマークを活用して課題を見つけよう4月1日から取扱いが始まった信用保証協会の「伴走支援型特別保証制度」は、金融機関による継続的な「伴走支援」を条件に、借入時の信用保証料を大幅に引き下げるという制度である。従来の保証制度と大きく異なるのは、取引先に融資実行後の計画的な経営改善を求める点だ。取引先は、経営の現況・課題と、その課題を克服するための取組みを「経営行動計画書」にまとめる。これに基づいた具体的な「アクションプラン」を策定・実行し金融機関に対して進捗を定期的に報告しなければならない。逆の視点でみると、金融機関による継続的なモニタリングが重視された制度というわけだ。財務の6指標から取引先の状況を確認
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました