リン酸の市場規模、2027年に568億米ドル到達予測

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「リン酸の世界市場:プロセスの種類別 (湿式、熱式)・用途別 (肥料、飼料・食品添加物、洗剤、水処理薬品、金属処理、工業用)・地域別 (北米、欧州、アジア太平洋、他の国々 (RoW)) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を9月21日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1123766-phosphoric-acid-market-by-process-type-wet-thermal.htmlリン酸の市場規模は、2022年の464億米ドルからCAGR 4.1%で成長し、2027年には568億米ドルに達すると予測されています。食品産業におけるリン酸の需要の増加は、市場の成長を促進する主な要因です。リン酸は一般的に、酸味や鋭い味を与えるためにソーダで使用されます。実際、泡に含まれる炭酸は全体のpHにほとんど影響を与えないため、ソーダのほぼすべての酸味の原因はリン酸です。また、このような甘い飲み物の中で菌類やバクテリアの繁殖を抑制する働きもあります。リン酸は、酸味料、保存料、風味増強剤として食品産業でも使用されており、ペプシおよびコカ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました