土地活用の相談は誰にする?相談先を選ぶ際の4つの注意点

マーケティング
吉田 謙太郎 宅建士・不動産投資家・ライター|筑波大学卒業後、大手不動産会社にて投資用不動産の売買および賃貸営業・投資家へのコンサルティング・自社メディアでの記事執筆などを行う。自身でも社会人1年目(22歳)から不動産投資をしており、横浜市・大阪市・神戸市に区分マンションを4戸運用中。保有資格は宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者、3級ファイナンシャル・プランニング技能士。相続で土地を取得したり住み替えで住んでいた土地を離れたりしたときに「その土地をどうするか?」という土地活用の問題に悩むことがあるかもしれません。土地活用には、幅広い専門知識が求められます。そのためまずは、プロに相談するのが合理的です。しかし「土地活用の相談は誰にすればいいのか?」が分からない人もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、土地活用の相談先6つと相談先を選ぶ際の注意点4つを紹介します。【前提知識】土地活用の3つの方法とは? (画像=oka/stock.adobe.com)前提知識として土地活用の方法は、大きく以下の3つに分けられます。・土地として売却する・土地として運用する・建物を建てて運用する売却して現金化するだけではなく「資産として運用することでお金を生む」という選択肢も検討できます。土地として売却する土地を売却して現金化することも選択肢の一つです。生活資金や

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました