経営者なら知っておきたい税制改正のポイント

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
税務関連の書類を作成する際に、注意しておきたいのが「税制改正」である。税制改正の情報を運悪く取りこぼしてしまい、税額控除が受けられなくなってしまうケースは少なくない。今回は、税制改正の仕組みやその内容を効率よく把握する方法について解説する。税制改正とは (画像=beeboys/stock.adobe.com)日本の税金は「租税法律主義」のもとに賦課、徴収されている。「租税法律主義」とは「代表なければ課税なし」という考え方で、憲法第84条の「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする」という条文のとおり、日本の税金の大原則となっている。よって、法律で定めたルールにない税金を課すことはできない。逆に法律にさえ則っていれば積極的な 節税スキームであってもそれが法律で封じられるまでは課税されない。この厳格なルールから、すべての税金には根拠となる税法が存在する。経営者にとってはおなじみの法人税や所得税、消費税のほか、相続税や贈与税、固定資産税や不動産取得税、酒税やたばこ税まで、すべての税金が税法によって定められている。さらに、課税対象や計算方法、徴収方法なども税法によって 細かく定められている。そしてこれらの税法は、社会の実態に合った課税制度になるよう各省庁の要望などを受けて、毎年細かい改正を繰り返している。これが、「税

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました