働き方改革とは?政府や企業による取り組みの例をわかりやすく解説

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2019年から働き方改革が実施された。働き方改革関連法案の改正内容に従って、各企業が勤務体制を見直す必要が生じている。今回は、働き方改革に関する政府や企業の取り組みの例についてわかりやすく説明する。働き方改革の対応に迫られている経営者はぜひ参考にしてほしい。働き方改革とは?具体的な取り組みについて (画像=beeboys/stock.adobe.com)働き方改革は、全ての労働者が多様な働き方を選択できることを目指す改革だ。安倍内閣のスローガンでもあった一億総活躍社会の実現を目的としている。目的を実現するために、働き方改革に関連する法律も改正され、厚生労働省からさまざまな施策も示されている。中には、労働時間改善や有給休暇取得に関係する法改正があり、違反による罰則もあるので注意したい。ここからは、働き方改革に関する政府や厚生労働省の取り組みを抜粋して説明する。取り組み1.長時間労働の是正大企業だけでなく中小企業も長時間労働の是正が求められるようになった。時間外労働と年次有給休暇に関するルールは下記の通りである。・時間外労働:原則として上限は月45時間、年360時間・年次有給休暇:時季を指定して毎年5日間取得(10日以上の付与者対象)場合によっては30万円以下の罰金あるいは6ヶ月以下の懲役が科される。社内で長時間の残業が常態化している企業は特に注意してほしい。取り組み2.雇用形態によ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました