5S活動に取り組むメリットとは?正しい手順や注意点など、経営者が身につけておくべき基礎知識

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
最近注目されている5S活動は、企業の生産性や業務効率を高められる施策だ。ただし、5S活動の効果を最大限得るには、正しい方法で計画・実行をする必要がある。社内のムダを徹底的に省きたい経営者は、本記事で必要な知識やポイントを身につけていこう。生産性向上や業務効率化につながる「5S活動」とは? (画像=PIXTA)5S活動とは、企業の生産性向上や業務効率化などにつながるスローガン、または考え方のことだ。大手自動車メーカーのトヨタが体系化したスローガンとして知られており、同社では「仕事の基本」として位置づけている。5S活動に取り組んだ企業は、あらゆる現場で生産性向上や業務効率化などを実感できる。スローガンとしては非常にシンプルなので、内容を理解すればすぐに実践できる中小企業も多いだろう。では、「5S」が具体的に何を表すのか、以下で簡単に紹介していく。○5S活動の「5S」の内容【1】整理必要なもの・不要なものを整理し、さらに不要なものを処分すること。廃棄物だけではなく、現場に不要な設備や資材なども処分する。【2】整頓道具や設備、資材などを使いやすい場所に置くこと。必要なものをスムーズに使用するための作業。【3】清掃現場や職場をきれいにし、汚れがない状態にすること。また、道具や設備のメンテナンスや点検も含まれる。【4】清潔上記【1】~【3】の活動を標準化し、きれいな状態のままで維持すること。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました