トヨタ生産方式の2本の柱とは?メリットやデメリット、導入前のチェックポイントなどを徹底解説

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
企業の生産方式は、収益や経営リスクに直結する要素になる。自社に最適な生産方式を選べばさまざまなモノ・人を有効活用できるため、生産方式は慎重に検討することが重要だ。そこで今回は、世界的に注目される「トヨタ生産方式」の概要やポイントをまとめた。徹底的にムダを省く「トヨタ生産方式」とは?まずは基本的な概念をチェック (画像=PIXTA)トヨタ生産方式とは、大手自動車メーカーのトヨタ自動車で考案された生産方式である。いまやトヨタ自動車は世界的な企業として知られており、徹底的にムダを省いた独特の生産方式は日本のみならず海外でも参考にされている。また、トヨタ自動車の考え方は幅広いビジネスシーンに役立つため、トヨタ生産方式を理解すれば中小企業でもさまざまなムダを省けるはずだ。そんなトヨタ生産方式は、もともとは「作業の自動化」を目指して考案された。現代では機械や設備の導入によりさまざまな作業を自動化できるが、機材の導入やメンテナンスには一定のコストや時間がかかる。このコストや時間を抑えるには、人間が手作業で生産ラインを作りこみ、細かい部分を日々改善しなければならない。つまり、トヨタ生産方式は「手作業を通じたモノづくり」が原理原則となっており、トヨタ自動車はこの概念をもとに工夫をとり入れることで、新技術や新工法を次々に生み出してきた。トヨタ生産方式と一般的な生産方式の違いトヨタ生産方式の最大の特徴

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました