アパートローンの審査は物件の収益性が重要?落ちた時の対処法も紹介

マーケティング
アパートローンは、不動産投資を行うために利用するローンです。そのため、通常の住宅ローンより審査が厳しい傾向にあります。審査を通過するためには投資する物件の収益性が重要です。なおアパートローンとは、木造アパートを建てる際に利用するローンのように思われがちですが、RC造マンションなどの投資物件を購入・建築する際にも利用できます。アパートローンは不動産投資の時に利用するローンと思っておきましょう。今回は、アパートローンの審査項目や、審査に落ちた時の対処法について紹介します。アパートローンで審査される項目 (画像=YANUSY編集部)当然ながら、アパートローンを利用する場合、毎月ローンを返済する義務が発生します。なんらかの事情で債務者が返済できなくなると、金融機関に損失が生じてしまいます。そのため、アパートローンは各金融機関が独自に有している条件を満たさなければ利用することはできません。では、アパートローンを利用するために審査される項目にはどのようなものがあるのでしょうか。年収・収入や勤務先アパートローンを毎月返済できるか判断するために、利用者自身の年収や収入が重要視されます。実際には家賃収入からローンを支払うことができる場合でも、何かしらの理由で家賃収入が減る可能性があるからです。家賃収入が減り、月々の返済額を下回った場合は、自己資金から返済する必要があります。年収が低い場合、その資金

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました