サラリーマン大家の先駆け、赤井誠さんに聞く(上)「オールラウンダー不動産投資家、最強説」

マーケティング
サラリーマン大家として成功をおさめ、約10年前に早期リタイアを達成。その後、資産を十数億円まで増やした不動産投資家、赤井誠さんのインタビューです。伺うテーマは「年間1棟ペースで新築物件を建て続ける理由」「最近のローン審査の状況」「物件ジャンルを選ぶ際の考え方」などについてです。 (画像=YANUSY編集部)【プロフィール】神奈川県横浜市生まれ。北海道大学・大学院修了後、電機メーカーで勤務。サラリーマン時代に副業として不動産投資を開始。その後、2013年に退社、専業大家へ。2022年4月段階の所有物件数は日本国内19棟・129室、さらにハワイとバンコクにコンドミニアムを各2戸所有。近著に『めざせ!満室経営 本気ではじめる不動産投資』(すばる舎)などがある。 (画像=YANUSY編集部)目次最近は新築物件を1年に1棟ペースで建て続けているローン審査が厳しいことは、物件を買わない理由にならないオールラウンダーの不動産投資家が最終的に一番強い「手っ取り早く金稼ごう」という考え方は、将来的に持たない最近は新築物件を1年に1棟ペースで建て続けている−まずは赤井さんの不動産投資家としての近況を伺いたいと思います。資産規模、家賃収入はどれくらいでしょうか。資産規模としては今、12、13億円くらいですかね。家賃収入で言いますと年間約1億2,000万円、月間約1,000万円の規模です。−国内の所有

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました