6気筒復活のポルシェ718ケイマンGTS4.0のスーパーハンドリングを体感

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
ポルシェ718ケイマンGTS4.0 価格:6MT 1072万円 試乗記 ポルシェ718ケイマンGTS4.0 スパイダー/GT4用を基本にした4リッター自然吸気フラット6(400ps/420Nm)を搭載したミッドシップスポーツ トップスピードは293km/hをマーク6気筒フラット6に「原点回帰」。これは事件だ! 絶対的なスピード性能以上に、甘美なフィーリングを堪能したい――そうした思いを抱くポルシェ・ファンに対する最高のプレゼントが、718ケイマンGTS4.0だ。駆動方式はもちろんミッドシップ。 いままでのGTSグレードが2.5リッターターボ(365ps/420Nm・MT)を搭載するのに対し、新型は4リッターの自然吸気ユニット( 400ps/420Nm)を積む。最高出力アップ以上に重要と判断するポイントは、気筒数が4から6へといわば「原点回帰”」した点だろう。 燃費効率の向上(具体的にはCO2排出量の低減)を主な理由として排気量削減と4気筒化に踏み切った2.5リッターターボだったが、フィーリングの変化をポジティブに受け取らなかったマーケットがあったことは事実。とくに、世界最大のスボーツカー市場のアメリカでは、販売台数を大幅に低下させる要因となっていた。 6気筒モデルの「復活」には、そうしたマーケット事情が反映されている。 全長×全幅×全高4405×1801×1276mm 車重14

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました