NISAの知っておきたい運用方法は?金融機関や投資信託選びのコツを紹介

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2020年春の株式市場における大きな相場変動を受けて、NISA口座を開設する人が急増しています。その中にはNISAによる運用を考えている人も少なくないでしょう。ここでは、これからNISAを始めるときに知っておきたい、金融機関や投資信託などを選ぶ際のコツを解説していきます。NISAを始めるときに欠かせない3つの選択 (画像=lovelyday12/stock.adobe.com)NISAを始めるときに知っておきたい情報には「NISAの仕組みに関する知識」と「NISAの選択に関する知識」があります。ここでは後者の「NISAの選択に関する知識」にフォーカスします。具体的に選択すべき項目には次の3つがあります。(1)金融機関の選択(2)一般NISAとつみたてNISAの選択(3)投資商品(投資信託や株式など)の選択NISAを最大限に活用するには、これらの選択を成り行きで行うのではなく、正しい知識をもとに行うことが大切です。はじめに「金融機関の選択」に関する知識から見ていきましょう。金融機関の選択には、大きく「銀行系」と「証券会社系」があるNISAを扱う金融機関はたくさんある通常の証券口座や銀行口座ではNISAを運用することができません。NISAを扱っている金融機関でNISA専用口座を開設することで利用が可能となります。数ある金融機関のなかからどこを選ぶかは非常に重要です。「とりあえずメイン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました