カスタムを楽しむ二輪車ライダーはなんと約92%!こだわりのパーツにバイク保険は必要?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
バイクは趣味性の高い乗り物だけに、自分の好みや使い勝手に合うようにカスタムを施している人が多く、そのためカスタムパーツも補償するバイク保険も登場しています。ライダーはどのくらいお金をかけて、どういったカスタムをしているのでしょうか。バイクのカスタムにかけている金額は? (画像=lassedesignen/stock.adobe.com)SBI日本少額短期保険が行ったアンケート結果では、「みんなのバイク保険」新規加入者の92%のライダーがカスタムしていました。また、米国ブランドのハーレーダビッドソンのオーナー向け保険に加入している人に聞くと、99%もの人がなんらかのカスタムを施しています。カスタムパーツやアクセサリーにかけている金額で一番多かったのが1万円未満(42%)、次が10~20万円(17%)、5~10万円(16%)、30万円以上(11%)、20~30万円(10%)でした。ハーレーでは10~25万円(32%)、25~40万円(23%)、5万円未満(14%)、5~10万円(12%)、55万円以上(12%)と、高額な車両本体価格に比例してハーレーオーナーのパーツにかける金額も増えていることがわかります。人気のカスタムパーツはやっぱりマフラーカスタムパーツで一番多かったのがマフラーです。アフターパーツのマフラーに交換することで、排気音を自分好みの音色に変えられるため人気が高いのでし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました